糖尿病レシピ

血糖コントロールをサポート 「厳しい食事制限のないダイエット」

柳川風うなぎ丼ぶり

柳川風うなぎ丼ぶり

柳川風うなぎ丼ぶりの作り方

糖尿食の説明

ボリューム満点の「柳川風うなぎ丼ぶり」の作り方です。

柳川風うなぎ丼ぶりの材料(一人分)は、ごはん150g、うなぎのかば焼き30g、卵1個、ごぼう20g、玉ねぎ20g、だし汁150cc、しょうゆ小さじ2、みりん小さじ半分、酒小さじ1、粉さんしょう少々です。

玉ねぎは細切りにしましょう。
ささがきにしたごぼうは、水にさらしてアクを抜きます。

だし汁、しょうゆ、みりん、酒を鍋に入れ、火に掛けます。

鍋に入れただし汁、しょうゆ、みりん、酒が温まってきたら、食べやすく切っておいたうなぎ、玉ねぎ、ごぼうを入れましょう。

ボウルに卵を割り入れ、溶いておきます。

鍋の具材全体に火が通ったら、溶いた卵を流し入れ、適度な固さになったら火を止めます。
卵を流しいれたら、あまり加熱しすぎないようにするのが、おいしく作るコツです。

どんぶりなどの深さのある器にごはんをよそって、出来上がったものを乗せます。

粉さんしょうを適量振っていただきましょう。
粉さんしょうの風味が食欲を誘い、ごはんが進みますね。

柳川風うなぎ丼ぶりの調理時間の目安は、約25分です。

血糖コントロールをサポート 「厳しい食事制限のないダイエット」