糖尿病レシピ

血糖コントロールをサポート 「厳しい食事制限のないダイエット」

関東風天津丼

関東風天津丼

関東風天津丼の作り方

糖尿食の説明

「関東風天津丼」のレシピです。

関東風天津丼の材料(一人分)は、ごはん150g、かに缶詰(水煮)30g、卵1個、たけのこ(水煮)30g、干ししいたけ2枚、長ねぎ10g、しょうが2g、サラダ油小さじ1、みつば1本です。
あん用に、だし汁100cc、ケチャップ小さじ2、塩とこしょう少々、砂糖、片栗粉それぞれ小さじ半分、酢、水それぞれ小さじ1をご用意下さい。

100ccの水で戻した干ししいたけと、たけのこは細切りです。

長ねぎは薄く斜めに、しょうがは千切り、みつばは細かく切ります。
かに缶詰はほぐしておきます。

溶いた卵に、干ししいたけ、たけのこ、長ねぎ、しょうが、かに缶詰を入れ混ぜます。
サラダ油をフライパンに入れ、熱しましょう。

熱したサラダ油で両面を焼き、ごはんの上に乗せます。

だし汁、ケチャップ、塩、こしょう、砂糖を鍋に入れ火にかけます。

だし汁、ケチャップ、塩、こしょう、砂糖が煮立ったら、酢を加えます。
酢が入るのが関東風ですね。

片栗粉を水で溶きます。
水溶き片栗粉を注ぎ、とろみを付けます。

卵焼きにあんをかけ、みつばを散らせば完成です。

関東風天津丼の調理時間の目安は、約10分です。

血糖コントロールをサポート 「厳しい食事制限のないダイエット」