糖尿病 血糖値

血糖コントロールをサポート 「厳しい食事制限のないダイエット」

血糖値とインスリン

糖尿病の基礎の説明

「血糖値」とは、
血液中の「ブドウ糖」の濃度の事をいいます。
そして「ブドウ糖」とは血液中に含まれる、
人間をはじめ動物や植物が活動するための
エネルギーのことです。

本来ならば体が必要としている燃料であるブドウ糖が、細胞の中に入ることができずにいるためエネルギーとして正常に活用されず、血糖値が病的に高まる病気を糖尿病といいます。

糖尿病は高血糖そのものの症状を起こすこともあり、命にかかわる様々な合併症を引き起こす誘因にもなる病気です。

通常血糖値が上がると、糖の抑制などを行うホルモンの一種、「インスリン」がすい臓から分泌され、細胞内にブドウ糖を入れる手助けをしてくれます。
血糖値が高くなった時、
正常な値に下げることができるホルモンはインスリンだけなのです。

このようにインスリンが正常に働くと血糖値を常に一定範囲内に調節することができるのですが、インスリンの量が少なかったり、インスリンが充分に作用できない状態になると、血液中の当分が異常に増加し、糖尿病が起こるのです。

血糖コントロールをサポート 「厳しい食事制限のないダイエット」