食事療法のための食品交換表

「食事療法のための食品交換表」について

糖尿病の基礎の説明

文光堂から発行されている日本糖尿病協会の
糖尿病食事療法のための食品交換表
という本があります。

糖尿病患者に必須の栄養バランスのとれた食事のために、
食品それぞれを80kcal=1単位とカウントし、
1単位あたりの量を表示してあります。

バランスよく栄養をとる必要がある糖尿病患者は、1から
6の表から、1日に決められた単位分の食品を選びます。

表1は主食となる米やパンに麺、表2はフルーツ、表3はタンパク質の豊富な肉、魚、大豆、卵、チーズ、表4は乳製品である牛乳、ヨーグルト、表5は加工品や脂身の多い肉、ナッツなどの高脂肪食品、表6は野菜、きのこ類、海草といったミネラルやビタミンを多く含んだ食品、という分類になっています。

糖尿病患者にとって、適正カロリー内
で栄養豊富な食事は病気の予防にも改善にも繋がります。

毎日、食事のたびにカロリー計算に加え栄養バランスを
整えるのは大変ですが、食品が大別されているので大変便利です。