メタボリックシンドローム 診断法

糖尿病の基礎の説明

メタボリックシンドロームの診断法は
国によって若干異なりますが、日本では
ヘソの位置の腹囲のサイズが代表的な診断法です。

男性は85cm以上、女性は90cm以上が
メタボリックシンドロームのボーダーラインです。

これに加え、

@ 空腹時の血糖値が110mg/dl以上

A 血清脂質

中性脂肪値が150mg/dl以上、
またはHDLコレステロール値が40mg/dl未満

B 血圧

収縮期の最高血圧が130mmHg以上、
または拡張期の最低血圧が85mmHg以上

の内2つ以上が当てはまると、メタボリックシンドロームと診断されます。