内臓脂肪

内臓脂肪の量が増えると危険な意味

糖尿病の基礎の説明

内臓脂肪は筋肉を動かすエネルギー源でもありますので、脂肪酸も出し入れがしやすく代謝が活発です。

しかしその分、血液中に遊離脂肪酸として溶け出しやすく、内臓脂肪の量が増えると血液中の中性脂肪やブドウ糖が過剰に増えます。

また、脂肪細胞から分泌されるアディポネクチンという分泌蛋白が減ってしまいます。

このアディポネクチンはインスリンを活性化させる働きを持っているので、内臓脂肪が増えるとインスリンの低下にも繋がるのです。

他にも、血液中のアンジオテンシンを増加させて血圧を上昇させるアンジオテンシノーゲンという物質も、内臓脂肪が増えることによって脂肪細胞自体から分泌され、高血圧を引き起こす要因になります。

また、血栓を作りやすくする物質を作り出し、脳梗塞、心筋梗塞にもなりやすくなります。

内臓脂肪は糖尿病、高血圧、高脂血症などに
つながりますが、これらはすべて動脈硬化を促す働きを持っています。

動脈硬化は脳梗塞や心筋梗塞、
狭心症などの命の危険を伴う病気にかかる確率を何倍にも高めます。