メタボリックシンドローム

メタボリックシンドロームとは?

糖尿病の基礎の説明

肥満は糖尿病の大敵ですが、肥満にも種類があります。
腹部の筋肉と皮膚の間に脂肪がたまる皮下脂肪型と、内臓を包む形で筋肉の内側に脂肪がたまる内臓脂肪型の 2つです。

2つの性質を比べると、内臓脂肪の方がたまりやすく落としやすい脂肪なのですが、同時に動脈硬化を悪化させる
一因にもなります。

メタボリックシンドロームとは内臓脂肪型肥満の上に
高血糖、高血圧、脂質異常症のどれか2つ以上を 合併した状態のことです。

これらは一つ一つの症状でも危険な状態ですが、複数の合併であるメタボリックシンドロームになると、相乗的に動脈硬化の発生率が高まり、脳梗塞、狭心症、心筋梗塞など非常に危険な状態になる要因になります。

内臓脂肪の蓄積は、インスリンの働きを低下させるインスリン抵抗性を引き起こし、
糖代謝異常、脂質代謝異常、高血圧などの動脈硬化等の危険因子が集結するのです。

一つ一つの症状が軽いものだとしても、重複することによって危険は何倍にも増します。