高血糖

わかりやすい高血糖による合併症の自覚症状

糖尿病の基礎の説明

糖尿病は初期は自覚症状が薄いため、
高血糖など深刻な合併症が現れたときに初めて気がつく事も少なくありません。

糖尿病でわかりやすい症状は高血糖です。

血糖値は空腹時は低く、食後は高くなるもの
ですが、食後から時間がたっても下がらないようなら注意が必要です。

健康診断などで体の状態と血糖値に注意し、
再検査の結果が出たら迅速に医師の診断を受けましょう。

糖尿病は素人判断では治りません。
糖尿病は重くなると次第に様々な症状が出てきます。
わかりやすいものでは、異常に喉がかわき水分を過剰に摂取します。

結果排尿の回数が増えるのですが、これは
尿に含まれるブドウ糖を排泄するため、体が水分を必要としているのです。

食欲も強まり、味の濃いもの、甘いものを欲しくなったりしますが、
たっぷり食べてもだるさが付きまとったり、やせてくるようなら病状は悪化しています。
体内でブドウ糖が正常に代謝されていないため、このような症状が出るのです。