4大別糖尿病

血糖コントロールをサポート 「厳しい食事制限のないダイエット」

主に4種類に大別される糖尿病

糖尿病の基礎の説明

糖尿病は主に原因別から4種類に大別されます。

 1型糖尿病(インスリン依存型糖尿病)

本来ならば外部の攻撃から自分の身を守るための免疫が、自分の体を攻撃してしまう「自己免疫」のため、すい臓が壊れることで起きる糖尿病です。

インスリンを分泌するすい臓が壊れるということは、インスリンが分泌されずにブドウ糖が正常に作用しないという事なので、重度の症状が多いのです。

この型の糖尿病は、糖尿病患者全体での割合は5%にも満たないのですが、年齢や生活習慣と関係なく発病し、インスリン注射が必須になります。


 2型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)

年齢や性別は関係せず、
肥満による内臓脂肪、運動不足、ストレスなど生活習慣によって発病します。

糖尿病患者全体の割合は95%と
圧倒的に多く、糖尿病が生活習慣病と言われる所以です。

血糖値が安定しない生活を送っているため起こる糖尿病ですので、生活習慣の改善である程度血糖値を調節し日常生活を送ることは可能ですが、症状の重さによっては経口糖尿病薬やインスリン注射が必要となる場合もあります。


 2次性糖尿病

ホルモン異常の病気であるバセドウ病や、慢性すい炎などすい臓の病気など、他の病気から糖尿病が発症するケースがありますが、ごくまれなケースです。


 妊娠糖尿病

妊娠糖尿病は文字通り妊娠が
きっかけに糖尿病の状態になりますが、出産が終わると元に戻ります。

ただし、出産が済み高血糖でなくなっても、糖尿病になる場合もあります。

血糖コントロールをサポート 「厳しい食事制限のないダイエット」