糖尿病現状

糖尿病の現状とこれから

糖尿病の基礎の説明

2002年に調査された「糖尿病実態調査」では、日本における糖尿病患者が約740万人、糖尿病の可能性が見受けられる人、及び糖尿病予備軍とされる人が約880万人と発表されました。

ところが2007年の厚生労働省による「国民健康・栄養調査」では、それぞれが約890万人、約1320万人という結果が出ています。

これらの調査からも、日本の糖尿病患者、および予備軍は急激に増加の一途を辿っているといえます。

糖尿病はかつては「成人病」と呼ばれる、大人か一部の特定の人だけがなる病気といわれていました。

しかし糖尿病はかたよった食生活や慢性的な運動不足などの生活習慣で、今や子供から年配者まで誰でもなり得る病気です。

日本に限らず、糖尿病は世界でも増え続けています。
WHO(世界保健機構)の予想では
2030年までに糖尿病患者は1億8000万人までに増加するといわれています。

糖尿病は国際的に予防を強く呼びかけている病気なのです。